パウスカート(フラ パウスカート)-フラダンス・作り方など
パウスカート(フラ パウスカート)-フラダンス・作り方など

パウスカートとは?

パウスカートとは?

 

パウスカートとは、ハワイのフラダンスをするときにはく、
フラ専門のスカートのことです。


「パウ」は、ハワイ語でスカートの意味します。


パウスカートは、ウエスト部分に数本のゴムが入ったボリュームたっぷりの
ギャザースカートで、ゴムの部分を腰骨に合わせてはきます。


パウスカートの丈は身長に合わせますが、70〜75cmとやや長めが多いようです。


また、パウスカートの色はとてもカラフルで、柄もトロピカルな花柄模様からリーフ柄、
伝統的な柄までさまざまです。


フラは、ハワイの神への賛歌を起源とし王朝への賛歌や
大地と自然の恵みに対する詩などを表現する伝統的な神聖な踊りです。


そのため、フラでパウスカートを身に着ける時は、
頭からかぶり、脱ぐ時も頭から脱ぐのが決まりになっています。


あなたもパウスカートを身に着けて、フラダンスを始めてみませんか。


パウスカートの作り方

パウスカートの作り方

 

パウスカートとは、ハワイのフラダンスをするときにはく、
フラ専門のスカートのことです。


パウスカート新品もフラダンスの教室で買うとそれなりのお値段がします。


そこで、パウスカートを自分で作ることをお薦めします。


現地ではパウスカートを手作りする方も多くいるらしく、
簡単に作ることが出来るようです。


パウスカートを作る生地は、やはり本場のハワイやタヒチから直輸入された
綿や麻の本場の生地が、色が鮮やかだったり、柄も大柄で、パウスカートには
とってもぴったりと合います。


パウスカートを作るには、1着に4ヤード(約3.6m)の生地を使います。


パウスカートは、4ヤード(約3.6m)の生地をひたすらまっすぐ縫って、ウエストにはゴムを3−5本ほど入れて裾をまつって作ります。


パウスカートの丈は身長に合わせますが70〜75cmと、やや長めが多いようです。


パウスカートは、単純な作りのものから、かわいいフリフリや飾りが付いたものまで、
たくさん種類がありますので、上達したら様々なモノを作ってみて下さい。


世界に一着しかない、あなただけのパウスカートを作ってみてはいかがでしょうか。


パウスカートはフラ

パウスカートはフラ

 

フラはパウスカートを着て踊る、ハワイの踊りです。


ハワイ語でフラ(HULA)は、ハワイの踊り自体を意味します。


フラの発祥地はハワイのモロカイ島とも、タヒチとも言われていま
すがハッキリとした事は不明ですが、
パラスカートやムームーもそのときから存在したようです。


フラは、ハワイの神への賛歌を起源とし王朝への賛歌や
大地と自然の恵みに対する詩などを表現する伝統的な神聖な踊りです。


ハワイの歴史を文字の無かった古代のハワイでは踊りとして伝承しています。


フラは神聖な踊りでしたからパウスカートもまた神聖なものとされ大切に
扱われています。


神聖なものですから、フラでパウスカートを身に着ける時は、
頭からかぶり、脱ぐ時も頭から脱ぐのが決まりです。


そして現代、フラはパウスカートが衣装となっています。


フラの起源は男性によるシンプルな踊りだったのですが、時代と共に変遷し、
女性がパウスカートを着用し、腰ミノをつけて、
美しく優雅なメロディーで踊る今のフラダンスになってきたのです。


パウスカートを着用し、フラダンスをしながらハワイの歴史を感じて下さい。


パウスカートとハワイ観光

パウスカートとハワイ観光

 

ハワイの踊りフラは、パウスカートを着て踊ります。


ハワイに観光行った人なら誰もが知っているくらい、
パウスカートはハワイで有名なスカートです。


観光できた日本人などもパウスカートをはいて街中を歩いている人はたくさんいます。


現地ハワイのパウスカートの色は、とてもカラフルで、柄もトロピカルな花柄模様から
リーフ柄、伝統的な柄までさまざまなものがあります。


フラはハワイの伝統的な神聖な踊りで、神への賛歌を起源とし
王朝への賛歌や大地と自然の恵みに対する詩などハワイの歴史を
文字の無かった古代のハワイでは踊りとして伝承してきました。


パウスカートはフラの衣装だったのです。


日本ではそれほど浸透していませんでしたが、映画「フラガール」の影響からか、
フラダンスを始める人が急増したために、パウスカートの認知度も上がってきたように
思います。


あなたもフラダンスを始めて、パウスカートに親しんでみませんか。


フラパウスカート

フラパウスカート

 

パウスカートって知っていますか?


パウスカートはフリフリのスカートで綿や麻でできていて、ウエスト部分に数本のゴムが入ったボリュームたっぷりのギャザースカートです。


パウスカートはフラダンスには必需品なので、そのことで知っている方も多いと思います。


フラダンスはハワイの踊りで、ハワイ語でフラ(HULA)踊り自体を意味する言葉です。


映画「フラガール」の影響もあってか、フラダンス講習者人口の増加に伴って、
パウスカートの認知度も上がってきています。


パウスカートは、4ヤードの生地をひたすらまっすぐ縫って、ウエストにはゴムを3−5本ほど入れて裾をまつって作ります。


簡単なので、自分で自作する人も増えています。


本場のハワイやタヒチからなどの直輸入された生地が、色が鮮やかだったり、
柄も大柄でパウスカートにはとってもぴったりとあいます。


フラダンスを始めたら、パウスカートを自作してみると楽しさが増しますよ。